前へ
次へ

不動産登記は何のためにあるのか

不動産を購入した際に、必ずといって話題となる不動産登記。
不動産登記とは、その所有権が誰にあるか・大きさや場所などを届け出て、登記簿に記載してもらう手続きのことを指します。
不動産購入は人生で一番高額な買い物といわれるように、簡単には購入することができません。
それだけ大きな財産でありますが、自分の土地だと思っている場所に、誰かが勝手に家を建ててしまったとなれば一大事です。
そして自分が知らない間に、勝手に家を売られていた、ということも決してあってはならないことです。
このような不動産に関するトラブルを防ぐために、不動産登記はあります。
また登記をしておかないと、第三者から見て、ある不動産の権利を誰が所有しているのかがわかりません。
もちろん、もし不動産の売買契約をしようとした際に、その相手が本当に不動産の所有者かどうか分からなければ、安心して取引することはできません。
不動産売買を安心してできるようにするためにも、不動産登記は重要なものとなります。

Page Top