前へ
次へ

不動産登記における抵当権と根抵当権

専門用語の中には一つ文字が付くだけで意味が変わることがあります。
何となく同じ言葉なので内容も同じだろうと考えていると大きな問題になることもあるので十分注意しなければいけません。
不動産を担保にして借入をするときに不動産登記においては抵当権を設定することになります。
住宅ローンを利用して銀行からお金を借りるとき、銀行が抵当権をつけているので返済が完了するまで抵当権が付いたままです。
完済すれば抵当権の目的は終わります。
不動産登記の権利において抵当権に似た言葉として根抵当権があります。
こちらも不動産を担保として借入をするときに設定される権利ですが、抵当権が完済によって役割を終えるのに対して根抵当権は当初決めた上限内の借入が継続的に行えます。
根抵当権を設定をして借入をしたときにそれを返済したとしてもまだ権利が残っている状態になります。
個人ではあまり利用しないですが、運転資金を借りるなどビジネス上においては良く使われます。

Page Top