前へ
次へ

売却などでも必要になる不動産登記

所有権を主張できるのが登記のウリです。
実家が空き家になった場合、活用する手段として空き家を売却したり、賃貸に出すことができます。
売却する場合でも、賃貸に出す場合でも、具体的な手続きに進む前に事前の準備が欠かせません。
家財道具の整理のみならず、権利関係や境界に関する書類も、後々の手続きをスムーズに進めるために揃えておきましょう。
その際にも役立つのが登記簿の情報です。
不動産登記は、土地や建物の履歴書のようなものです。
空き家問題では、郊外の場合には広い土地と建物が比較的多く、都心にいる者からすれば広過ぎてしまい、意外に買い手が見つかりにくい問題もあるようです。
空き家の隣人が買主になってくれれば、該当不動産についてや、周辺の環境についても熟知しています。
しかし地域性がないのなら、売却手続きを進めていく上で、実際にその建物を見て、周辺の生活環境を確認して購入することが欠かせません。
その際にも登記の情報が役立つのです。

フローリングの全面張り替え
お部屋丸々張り替えさせていただきますのでお気軽にご相談ください

東京のコーディネーターが手掛けるリフォーム
オシャレなお部屋に住みたいなら一度1Tリノベをお訪ねください

仲介手数料不要で不動産が売れます

不動産登記は、相続登記にも通じています。
他に、解体して更地にした後、駐車場経営する際などにも不動産登記が必要です。
居住用なのか否か、そうした情報の変更も掲載されています。
ちなみに、特殊な方法ではありますが、建物の解体後に地目を変更することも考えることが可能、農村地帯ならば、更地にした後に地目を農地に変更することができるといいます。
もちろん、自ら利用することも、他人に賃貸することもできます。
売却するにしても名義変更が必要で、登記事項証明書を取得しなければなりません。
例えば、実家を活用する際は、自分への登記の名義変更が必要ですが、前提として実家の情報を収集することは大事なことです。
不動産登記には、所在や面積などの他、その不動産に関する客観的な情報が登記簿に記載されています。
名義人の変更は、本当に実家を所有しているのか疑わしいと判断され、売却が困難になることを防ぐ意味もあるのです。

Page Top