前へ
次へ

不動産登記は地域を管轄する法務局のお仕事です

今日は不動産登記に関する話題です。
まず不動産という言葉の由来です。
不動産は持ち運ぶことが自由にできません。
それで不動という名前がついているのです。
つまり不動産とは不動の財産という意味なのです。
不動産は大別して2種類に分かれます。
土地と建物の二種類です。
土地については境界杭などでその所有権を明らかにしています。
建物についてはその土地の中に作られるので特に問題はありません。
しかしながら土地については測量士などによる厳重な測量と管理が必要なのです。
そうしないと大切な土地が自分が知らないうちに目減りしているような事態に陥ることがあります。
そういうことのないように土地の管理だけは建築士や測量士などのプロにお任せするのが一番賢い方法です。
土地の場合にはどこまでもそれは連続しているので、境界杭がないと、自分の土地と他人の土地との区別がつきません。
この点が不動産を取り扱う時に一番難しいポイントとなります。
不動産登記は全て地域の法務局が管理しています。

Page Top