前へ
次へ

売主が不動産登記手続きに応じてくれないとき

土地や建物などの不動産の売買をするとき、契約書などの書類を用意して互いに書類を持つようにしましょう。
一般的な物の売買においては契約書に基づいて代金やその物の受け渡しで所有権の移転となりますが、不動産に関しては不動産登記手続きが必要になります。
通常は売主が所有権を持っている状態から買主が所有権を持っている状態へ変更する手続きが必要になります。
出来れば契約書の授受や代金を支払うときなどに同時に行うのが良いでしょう。
しかし売主が不動産登記手続きに応じてくれないときがあり、代金は支払ったが所有権が売主のままの状態になるときがあります。
登記に関しては双方申請主義があり、所有権の変更をするときは変更する側と変更される側が共同で行わなければいけません。
つまり買主が勝手に所有権を自分に変更することができません。
どうしても手続きに応じてくれないときは訴訟を提議した上で勝訴判決を受ける必要があり、法律事務所などに依頼しないといけません。

Page Top