前へ
次へ

不動産登記は司法書士にお任せするのがベスト

不動産登記は結論から先に申し上げますと複雑な申請手続きなのでそれを専門家に依頼するのがベストであるということです。
知り合いに司法書士の方がいればそれが最善の策となります。
弁護士でももちろんそれはできますが、弁護士の費用は司法書士の費用に比べてかなり高額となりますので、我々庶民の立場としてはやはり司法書士を選びたいところです。
司法書士にも、大学を卒業したばかりの駆け出しの司法書士がいます。
これらの司法書士は経験を積んでいないので頼りない面もありますが、それだけ仕事を一生懸命にしてくれます。
それから年齢が若いので当たり前ですが料金がお安くなります。
不動産登記は結構難しい書類ですが、司法書士にかかってしまえばお茶の子さいさいの簡単な書類ということができます。
不動産の登記で気をつけるべき点は、前もって書類を完璧にそろえるということに尽きます。
書類が完璧であるかどうかを判断できるのは司法書士だけです。
私たちにはその判断の能力がありません。
ここはやはり専門家にお任せするのがベストでしょう。

Page Top