前へ
次へ

不動産登記にはお願いするときには

不動産登記というのは司法書士などにお願いするわけですが、例えば所有権移転登記などを行うことが最も多いわけです。
しかしながら素人が言いますと所有権移転登記という不動産登記をやろうとするにしても所有権が移る理由が様々であることをあまり理解していないことが多いです。
バイバイであるのか相続であるのか遺産分与であるのか贈与があるのかといったようなことが明確に違ったりするのですがそれでもその中で明確にこれが今お願いしようとしている不動産登記ですということを依頼者がいるということがほとんどないです。
もちろん司法書士もプロですからその辺りの事を把握して、話し合いの中で引き出す、ということになります。
さて所有権移転登記を進めるにあたり事前に調査と確認作業が行われることになります。
特に大事なのが意志です。
つまりは、本当にやりたいと思ってやっているのか、ということです。
依頼されている側はそれもキチンと確認する必要性があります。

Page Top