前へ
次へ

不動産登記に記載される内容とは

不動産登記の内容は、権利登記と表示登記の2つから成り立っています。
一般的に登記簿にはこの2種類が記載されています。
権利登記とは、不動産に関する権利に関する事項が公示された登記のことを指します。
不動産登記では権利部と呼ぶことがあります。
権利部には、権利の主体・権利の種類・権利の内容などが記載されています。
さらに権利部は、甲区・乙区と2つのパートに分かれています。
甲区には不動産所有権に関する登記の登記事項が、乙区には所有権以外の権利(抵当権や地上権など)に関する登記の登記事項がそれぞれ記録されています。
表示登記とは、登記されている不動産の特定することを目的に記載されるものです。
不動産登記では表題部と呼んでいます。
土地については、所在・地番・地目などが記載されます。
また建物については、所在・家屋番号・床面積などを記載しています。
登記があることで、土地や建物といった不動産の所有権などの権利を、第三者に対して主張できるようになっています。

Page Top